包茎手術を行うことの疑問点について

包茎手術を行うことの疑問点について

包茎手術を受けようと考えている人はとてもたくさんいるはずです。
しかし、実際に手術を受けたという方は日本ではまだまだ少なく、男性のほとんどの方が包茎に悩まされている現状があるのです。
なぜ手術に踏み切れないかと言えば、手術に対する効果などを得ることができるかどうかの不安があるからなのです。実際にしっかりとした効果を感じることができる保障があれば、男性の方は前向きに手術を検討されると思います。
まず、手術を受けることへの不安としてよく上げられることが、手術後にまた包茎の状態に戻ってしまうのではないかということです。これについては、まず間違いなく再度包茎になることはないのです。もともと皮が長い状態が包茎であることもありますので、手術ではその長い皮の部分を切除されます。年齢とともに体型が変化し皮がたるんでくることはありますが、その皮が伸びてしまうことはないため再度包茎になることはありません。
また、手術時間や手術後には入院などが必要なのかも気になるポイントだと思います。
手術時間については、約50分ほどで終了してしまいます。事前のカウンセリングにしっかり時間を使い、ベストな方法を見つけ出してくれますので、実際の手術時間はとても短いのです。そして、一般的な包茎手術であれば手術を行ったその日に帰宅できますので、仕事などの影響まどは全くありません。その日に帰宅できるのは、全身麻酔を使用するのではなく、部分麻酔で包茎手術を行うことができるからです。